<イベントレポート>日本のガールズDJ TOP40を決定する「JAPAN Top40DJanes2019」を発表!

2020/07/27

<イベントレポート>日本のガールズDJ TOP40を決定する「JAPAN Top40DJanes2019」を発表!

DJane Mag JAPANは、2019年11月1日(金)渋谷WOMBにて、日本のガールズDJ TOP40を発表するセレモニーパーティー「DJane Mag JAPAN TOP40DJanes2019-COUNTDOWN PARTY-」を開催しました。DJane Mag JAPAN初のオフィシャルイベントとして、総勢35名のガールズDJがスピン。各主要クラブにも多数協賛をいただき、総勢1,000名を超える来場者で盛り上がりました。一夜限りの”ガールズDJパーティー”をレポートいたします。

 

 

DJane Mag JAPAN Top40DJanes2019について

ユーザーの投票数に応じ、日本の人気ガールズDJ ランキングTOP40を決定。2019年8月1日(木)から3ヶ月間投票を募り、集まった投票総数は27,783票。ご投票いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

■イベントレポート
オープニングのメインフロアでは、日本No.1ライブ配信アプリ 「17 Live」 のコラボイベントにてメインステージ出演権を見事獲得した「KYAM」、「DJ Mellow」、「DJちゃんあず」がオーディエンスを沸かし、「2iline」がEDMを中心とした幅広いプレイスタイルでフロアをまとめあげました。そして、スクリーン上でTOP40のカウントダウンが始まると同時に、non-no専属モデルとしても活躍する期待の大型新人「ELY(佐藤エリ)」が花魁姿で登場!先日、セブ島のフェスでいきなり世界デビューしたことで話題を集めたばかり。日本で初めてその腕前を披露しました!続いて、アムステルダムのダンスミュージックの祭典「ADE」に出演するなど、最も勢いのある実力派トランスDJとして世界中のフェスやクラブからから引っ張りだこの「Rinaly」、日本から飛び出しアジアツアーを開催中のCYBERJAPANオフィシャルDJ「YAMATOMAYA」がオーディエンスを魅了!

【左】ELY(佐藤エリ)、【中央】Rinaly、【右】YAMATOMAYA

そして、日本No.1ライブ配信アプリで日本一を獲得し、ヤングジャンプにて DJ として史上初のグラビア誌⾯への登場を果たした次世代ライバーDJ「DJ MEL」が可愛らしい笑顔でDJプレイ。DJ MELは見事5位にランクインし、驚きと嬉しさを隠せない様子!続いて、人気雑誌”NYLON JAPAN”のブロガーでありながら実力派トラックメーカーとしても活動し、2019年「Tomorrowland in Belgium」への出演を果たした「DJ moe」が登場し、フロアを歓喜の渦へ巻き込みました!

【左】DJ MEL、【右】DJ moe

一方、ランキングの発表は3位から1位へとカウントダウン。3位にはビクターエンタテインメントより”CIRCUS”でメジャーデビューを果たした「NATSUMI」がランクイン。2位は「DJ moe」。喜びを噛み締めながらのDJ プレイとなりました。そして、メインステージにMCが登場し、ついにランキング1位を発表!

DJ KAORI

堂々の1位に輝いたのは、2018年に引き続き、これまでリリースしたMIX CDのトータル・セールスが460万枚を超え、日本が世界に誇るフィメールDJでもある「DJ KAORI」。大歓声のなかDJ KAORIが登場し「ありがとうございます。順位関係なく、これからも音楽を楽しんでいければいいなとと思っております!今後ともよろしくお願いします!」と嬉しそうにコメント。メインステージでは、DJ KAORIに続き、DJane Mag JAPANオフィシャルDJとしても活躍中の「DJ SENNA」、オーディションアプリ「mysta」のコラボイベントにてメインステージ出演権を見事獲得した「西野翔」や「CHI☆MERO」がステージに登場。大きな盛り上がりのなか幕を閉じました。

 

当日の様子はこちら!!

 

 

■DJane Mag JAPAN Top40DJanes2019

 

■イベント詳細
公演名:DJane Mag JAPAN TOP40DJanes2019-COUNTDOWN PARTY-
日時:2019年11月1日(金) OPEN: 22:00 CLOSE: 4:30
会場:WOMB(〒150-0044 東京都渋谷区円山町2−16)
主催:DJane Mag JAPAN事務局
協賛:17Live、マイスタ、DMMスクラッチ

 

【左】MILLY、【中央】イベントタイムテーブル、【右】DJ SENNA

 

■令和はライブ配信の時代に!ライバーDJが躍進!

ガールズDJがライブ配信をする様子

平成は、YouTubeに動画をアップして活躍する「YouTuber」が小学生のなりたい職業ランキングで6位になるなど話題になりました。2020年に通信規格が、4Gから5Gに変わることから、令和はYouTuberに代わり、ネットライブ配信を行う「ライバー」の時代がくると予想されます。DJ業界においては、普段から積極的にライブ配信をするガールズDJが増えており、本イベントでも15名以上のDJがイベント中にライブ配信を実施しました。